自己満ぶろぐ・・・というよりただの日記デス。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
初☆はこだて旅行
タイトルにもあるとおり、1泊で函館に行ってきました。
ほとんど初だったりします。

そして。
ついに道の駅スタンプに手を出しましたょ。
あああ。きっとやめられなくなっちゃうんだろうなぁ。
最初はそうでもなかったんだけど、
何個か押してたら、だんだん嬉しくなってたもん。
危険な予感。笑。


今回はいろいろと食べてた気がシマス(。・ρ・)

ニセコのジェラードおいしかった!!
期間限定の苺&ティラミスにしてみました。
ほんとね、いちごが濃かったよ。

天気もよくて羊蹄山を見ながら外で食べてました。
気持ちよかった(´∀`*)ウフフ

ちなみにRuhiel(ルヒエル)というお店。
http://www.ruhiel.jp/


黒松内ではちろっとパンを。。
まだ食べてないけどベーグルもあったぉ。
あんぱんベーグルがちょっとお気に入り☆
時間が中途半端であんまりなかったのが残念。


それからはいろいろ周りながら森町へ。
道の駅にある公園の桜を楽しみにして行ったんだけど
残念ながらまだ咲いていませんでした(´・ω・`)ショボーン
でもツツジがキレイに咲いてたので、ちょっと癒されました。

プチ展望台みたいな所は螺旋階段な上に揺れるというドキドキさ。
揺れた途端ビビリを発揮してしまった。。
意外と高いところダメなのか!?って思ったりΣ(・ェ・`;)
そ、そんなことはないはず。。弱気。


森の道の駅でね、カントリーサインが売り切れだったんょ。
駒ケ岳×桜というとってもかわいいサインだったのでちょっと凹。
砂原の道の駅にも売ってるという事で、寄ってもらうことに。
意外と近くて10分か15分くらいで到着。
カントリーサインは・・・

あったーーーーー!!!ヽ(´ー`)ノ
もうほくほくです。単純ですネ。笑。


それからあーだこーだ喋りながら鹿部間欠泉へ。
おおよそ12分間隔で吹き上げてましたよ。プシュープシュー。

足湯もあるんですよ。
石ころで足の裏をグリグリしたりして、まったりしてました。
ずっと座ってたせいか、ほんと足が軽くなる感じ。
ちゃんとタオルも置いてあって親切デシタ。
なんだかんだで3回くらい噴出すのを見た気がシマス。

間欠泉



あー。だんだん長くなってきた(ボソッ

足湯の後は大沼へ向かいました。
途中、ソフト屋さんを発見。
車もいっぱい停まってて、めっさ気になったので急遽寄り道。
ほんといきなり「気になる!寄ろうよ!」とか言って、
「えぇぇ(;´Д`)」って感じだったけど。笑。

山川牧場っていうところ。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~y-milk/

結果としては寄ってよかった!!
牛乳の味がすごい濃いソフトでした。おいしいーー。
あとはおなかイッパイだったけどローストビーフサンドも購入。。
おいしそうだったので、とりあえずお持ち帰り大作戦。
牛乳も飲んでみたかったけど、ジェラードやらソフトやら食べてるし、
おなかこわしたら困るので断念。


いよいよ大沼へ到着。
いやぁ、いいね(*'ー')(,,*)(*'∇')(,,*)うんうん
のんびりしながら先ほどのサンドをもくもく食べてました。
めっちゃうまうまでしたぉ。

日暮山展望台にもゆきましたー。
上から見ると、またチガウね。
島々が点在してて、ゆったりした時間が流れてる感じがしました。
大沼小沼もよいですが、個人的には蓴菜(じゅんさい)沼が大スキ(´∀`*)
今度は蓴菜沼の湖畔にも行ってみたいです。はい。

蓴菜沼



それからは憧れ(?)の函館目指してひた走る。ゴーゴー。
そうこうしてるうちに到着です。
おなかすいてるか微妙だったけど、夕食食べて函館山へ。
いやはや、人多いねぇ。さすがですね。
思ったよりロープウェイが早くてびっくりだったけど。

山頂から見る眺めは、ほんと写真のまんまでキラキラしてた☆
いつも見る函館の夜景もよかったんだけど、
上磯とか木古内の方とかもかなりのお気に入り。
あとは青森が見えますよーとか言われたので、
どれなのか本気で探してました。笑。

夜景はほんといつまでも見ていられますね゚+.(・∀・).゚+゚

はこだて山


下りてからは赤レンガ倉庫とかを見て帰りましたー。
温泉に入って疲れを癒して1日目はしゅーりょー。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ユスラウメ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
2005.09.04の夜~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。